避難通路

非常時の避難を円滑にするために、敷地内に確保された通路のこと。建築基準法では、避難階段の降り口から道路まで、木造建築物で床面積が1000m2を超えるものの周囲などに、避難通路を設けなければならないと定めている。