避難限界距離

災害時において、歩行で避難できる距離の限界を「避難限界距離」という。一般家庭では、高齢者や子供の避難能力が優先されるため、1.5km~2.0km程度が避難限界距離だといわれている。