必要換気量

換気を行う際に求められる必要な空気量(気積=m3/h)のこと。例えば住宅等の居室で、床面積50m2、天井の高さ2.5mとした場合の必要有効換気量は、「0.5(1時間当たりの換気回数)×50m2×2.5m」の計算で62.5m3/hとなる。この必要有効換気量よりも、機械換気設備の持つ換気能力(有効換気量)が高くなければならないと、改正建築基準法では定めている。