必要壁量

2階建て以上の木造住宅や、延床面積50m2 以上の木造住宅を設計・建設する場合、地震力や風圧力に対する安全性を確認しなければならない。その際に、「張り間方向」(小屋梁に平行な方向) と「けた行き方向」(小屋梁に直角な方向)それぞれに対する、構造上必要な軸組の長さ(必要壁量)の算定によって行われる。