存在壁量

小規模な木造住宅(2階建て以上、あるいは延床面積50m2 以上)の平面図において、タテ(張り間方向)、ヨコ(けた行き方向)双方の、両端の1/4のスペース内に設けられた壁量(耐力壁の長さ)を「存在壁量」という。図面上で、同スペース内の耐力壁の長さを足し、それに壁倍率を掛けることで存在壁量は求められる。