層崩壊

RC(鉄筋コンクリート)造やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造の中高層の建築物で、階によって耐震壁の量にバラツキがある場合には、各階(層)の剛性(変形のしやすさ、固さ)が変わることになる。そのため、地震が発生すると剛性の小さな階に変形が集中し、その階がすべて潰れてしまうような崩壊パターンを「層崩壊」という。例えば1階部分に設けられたピロティ部分(柱だけで建物を支える層で、主に駐車場などに用いられている)などが、層崩壊の危険性が高いといわれている。