層間変形角

地震などの横揺れによって住宅などの建築物が閉経する時、各階の床と真上または真下の床との、水平方向における変形の角度を「層間変形角」という。建築基準法では、高さ13m超または軒の高さ9m 超の木造建築物をはじめとする特定建築物に関して、「層間変形角が1/200以内であること」と、定めている。