背割り埋め

一般に、背割りを施す場合、施工後に表に現れない材面に入れることが多い。しかし、見栄掛かり部分(柱や鴨居など、施工後もむき出しになる部分のこと)でこの背割りが気になる場合には、その溝に埋め木をして見栄を良くする手法が用いられる。これを「背割り埋め」という。