接道義務の付加

地方公共団体は、2m接道程度では避難時や通行の際の安全が確保できないと判断した時には、特殊建築物や3階建て以上の建築物、延べ面積1000m2 を超える建築物などを対象にして、建築物の敷地が接しなければならない道路の幅員や接道の長さ、その他について、条例で制限を付け加えることが認められている。