マンションリノベーションの知識

マンションは一戸建てに比べると、リノベーションできる部分が限られてきます。
その制限とは専有部分のみであり、共有部分はリノベーションができないという事です。また、構造上の問題などの制約もあり、そういった問題を加味しながら、空間を創っていくことが大切です。
ここでは、専有部分と共有部分の境界線を知ると同時に、マンションではどのようなことができるかを解説します。

マンションリノベーション


マンションリノベーションの場合、
制約などがありますが、
その制約内であれば自由に空間を創る事が可能です。

リノベーションのできる事 ~水まわり~

マンションの場合、キッチンやトイレなどの水まわりの移動は床下の配管がどこまで動かせるかがポイントとなります。
排水管と換気扇は距離が遠いと水の流れが悪くなったり、空気の排気が悪くなったりします。
ですので水まわりの移動可能な範囲は、専門の会社に現場を調査してもらい、判断してもらう方が良いでしょう。


リノベーションのできる事 ~間取り~

マンションの間取りは専有部分のみ自由に変更する事ができます。変更の自由度はマンションの構造によって異なります。
ラーメン構造で住まいの内側全て専有部分になる場合は、部屋の仕切りを取り払う事ができ、かなり自由度の高い間取り変更が可能です。
一方、柱や梁のない壁式構造の場合、コンクリートでできている壁は共有部分のため変更できないケースが多いです。

ラーメン構造と壁式構造
住戸と住戸を区切る壁は共用部分なので、2戸続きで住戸を購入し、つなぎ合わせることも、ドアをつける事もできません。

隣り合った住戸をつなげることは可能?

リノベーションのできる事 ~内装~

カーペットや畳からフローリングに帰る場合、『音』の問題が大きく出てきます。音の遮断性の低いフローリングに変えた場合、階下に響きトラブルになる可能性もあります。そういったトラブルを未然に防ぐため、管理規約で床材の性能に規定を設けている場合が多いです。
フローリング自体禁止している管理規約もありますので、まずは管理規約を確認し、その上で専門の会社に相談しましょう。


サッシは共有部分です。単純に窓ガラスを変えるのであれば問題ありませんが、サッシとペアになっている複層ガラスに取り替える事はできません。
しかし管理規約に変更可能なサッシが指定されている場合があります。まずは管理規約を確認してみましょう。


リノベーションのできる事 ~設備~

コンセントの数はいくらでも増やせます。しかし、使用する電気量に気を付けてください。マンション全体で電気の総容量が決まっているため、各住戸に配電される容量にも限度があるからです。
コンセントを増やすのであれば、使える電気の容量にどれくらい余裕があるかを事前に確認してみましょう。
しかし、ただやみくもにコンセントを配置するのではなく、どんな暮らしをしたいのか、そのためにどんな家具買電をどういう風に配置するのかということを検討された上で、決定していきましょう。


床暖房の設置は可能です。
床暖房は電気とガスタイプ、どちらも消費エネルギーが大きいため、まずは各住戸で使えるエネルギーの容量を確認しておきましょう。