失敗しないキッチンの選び方

毎日キッチンの前に立つ奥さまにとって、いかに楽しく、負担を少なくできるかを考えましょう。家族構成やライフスタイルによって“導線”が変わってきます。導線を意識し、キッチンを選んでみましょう。

~キッチン選び編~

新築においてもリフォームにおいても、一番要望の高い項目がキッチンです。 日々キッチンに立つ奥さまに少しでも負担を減らしたい、今よりも使いやすくしたいということを考えられるご家庭が多くいらっしゃいます。 しかし、どんなキッチンがいいのかとなると、いまいちイメージが湧かない方もいらっしゃいます。 ここではライフスタイルにあったキッチンの知識をお教えいたします。


 


あなたにピッタリのキッチンスタイルが見つかったら、実際にどんなスタイルやレイアウトなのか見てみましょう。


 

職人気質型独立キッチン


キッチンが他の居室から独立したスタイルなので、キッチン作業の専用スペースとして使用できるので、調理に集中できます。

【メリット】
・調理家電などをキッチンに収めることができる。
・においや音、煙などがリビング・ダイニングに広がりにくい。
・来客の際にも、キッチンが独立しているので人目を気にせず作業ができ、お客様にもキッチンを気にせずくつろいでいただける。

【デメリット】
・キッチンからダイニングへの動線が長くなる。
効率重視型L型キッチン


L型キッチンは、シンクと加熱機器がL字型に並ぶので、動線が短くなり作業効率が良いキッチンスタイルです。

【メリット】
・動線が短くなるので、作業がしやすい。
・多人数でも調理しやすい。

【デメリット】
・比較的広いスペースが必要。
セミオープンキッチン


セミオープンキッチンは、コンロ前の壁や垂れ壁などで、リビング・ダイニングとキッチンを仕切ったオープン型と独立型の中間でそれぞれの長所を生かしたスタイル。

【メリット】
・調理中、リビングダイニングの様子を確認できるので、子供に目が届きやすい。
・リビング・ダイニング側から、作業中の手元が隠れる。

【デメリット】
・カウンターなどでLDとKを間仕切るため、家事動線が長くなりやすい。
ペニンシュラ型キッチン


キッチンの一部を壁に付けて設置するペニンシュラ型キッチン。
ダイニング側にテーブルカウンターがあれば、軽食をとることができるスペースにでき、後片付けも簡単で便利です。

【メリット】
・調理する人と、リビング・ダイニングにいる人がコミュニケーションを取りやすい。

【デメリット】
・キッチンが常にリビング・ダイニング側から丸見えになる。
・リビング・ダイニングとの間に仕切りがないため臭いや煙が流れやすい
アイランド型キッチン


キッチンを壁から離して設置したアイランド型キッチン。キッチンを囲むように作業ができるので、ホームパーティや料理教室などにも最適なスタイルです。

【メリット】
・間仕切りがないので、空間が広く感じられる。
・複数で同時に調理ができる

【デメリット】
・キッチンが常にリビング・ダイニング側から丸見えになる。
・リビング・ダイニングとの間に仕切りがないため臭いや煙が流れやすい。
・比較的広いスペースが必要。

キッチンのスタイル

キッチンのスタイルは、それぞれのライフプランに合わせて多種多様化しています。
ご自分の生活スタイルにあわせてキッチンのスタイルを考えることが、楽しい生活を送るカギとなります。
キッチンスタイルを考える時、まずキッチンとダイニング、リビングとのつながり方によってキッチンのスタイルが決まります。
キッチン空間のスタイルには主に、オープン型、セミオープン型、クローズ型などがあります。

オープン型


リビングとダイニング、キッチンの区切りがないスタイル。

【メリット】
・調理から配膳への動線が短いため、作業しやすい。
・調理する人と家族が同じ空間で過ごし、誰もが気軽にキッチンに立ち入り手伝える。

【デメリット】
・仕切りがないため、調理中の臭いや煙が他の空間へ移りやすい。
・キッチンが丸見えになる。
セミオープンキッチン


クローズ型とオープン型の中間型で両方の長所を生かした対面スタイル。

【メリット】
・ダイニング側から作業中の手元が隠れる。
・調理中ダイニング側とのコミュニケーションが取れる。

【デメリット】
・カウンターなどでLDとKを間仕切るため、家事動線が長くなる
クローズ型


クローズ型とオープン型の中間型で両方の長所を生かした対面スタイル。

【メリット】
・ダイニング側から作業中の手元が隠れる。
・調理中ダイニング側とのコミュニケーションが取れる。

【デメリット】
・カウンターなどでLDとKを間仕切るため、家事動線が長くなる