資金計画のお手伝い

新築住宅を建てようとすると、住宅ローンの返済計画や自己資金など資金計画をしっかり立ててから実際の工事に入ると思います。
リフォーム・リノベーションの場合、新築を建てるほど費用はかかりませんが、規模によってはそれに近い金額になる場合もあります。ですから、リフォーム・リノベーションにおいてもしっかりと資金計画を立てることが重要なのです。

おおよそのリフォーム・リノベーション代金を知りましょう

リフォーム・リノベーションの場合、金額だけを見て検討すると、あとで「ここもこうしておけば良かった」などと後悔される方が多くいらっしゃいます。
中古物件を購入してリフォーム・リノベーションをご希望される場合、予算いっぱいまで物件購入に充ててしまい、物件を購入したはいいものの、ご希望通りのリフォーム・リノベーションが出来なかったという話をよく伺います。 資金計画は「物件購入費用+リフォーム・リノベーション費用」で組み立てていきましょう。
収入と支出を考え、長期的な視点に立ち今後の生活に支障をきたさないように、慎重に決めることが大切です。

自己資金を計算してみましょう

用意できている自己資金(預貯金など)の確認も重要。
リフォーム・リノベーションにどれくらいの費用がかかるか大体分かったところで、実際に自分たちで用意できる資金、自己資金がどれくらいあるのかを計算してみましょう。
一般的なのが、銀行等へ預けている預貯金。複数の銀行へ預けている方は、確認してみましょう。またリフォーム・リノベーションに限らず、家づくりで多いのは、親や親族からの援助です。ひと口に「援助」といっても、「贈与」なのか「借り入れ」なのかでローンの額などに影響がでます。贈与を受けるのであれば自己資金になるため、お金の扱いについては明確にしておきましょう。

利用できるローンを調べましょう

住宅金融支援機構や市区町村の融資、補助金を利用する場合は資料を入手しましょう。
条件に合えば介護保険にも「住宅改修費の支給」があるので、仕組みを調べておきましょう。
銀行などのリフォーム用ローンは、概ね自己資金が20%程度必要です。用意できた自己資金に対しておよそ4倍までローンが組めることになりますが、申込者の年収や他の借り入れ(住宅ローンなど)と合算した返済額で判断されるので、詳しくは銀行などで確認をしてください。
また、リフォーム専用の「リフォームローン」というものもご利用になれます。