資金計画

家は一生に一度の買い物です。後悔しないためにも家を購入するまでの手順や準備するものなどをここで紹介します。

資金計画編

「マイホームが欲しい」と夢は膨らみますが、それだけでは家を購入できません。時間を惜しまずに準備することが失敗しない家づくりの第一歩です。
まずはじめに、ご家庭の収入と支出を知り、預金はいくらなのか、いくらまで住宅に使えるのかを知りましょう。

まずはご家庭の収入と支出を知りましょう。
ここでは例として
ご主人(サラリーマン)と奥さま(専業主婦)にお子様一人(小学生)としてシミュレーションしてみます。

※前提条件として、毎月のお給料から35,000円、住宅購入のため積立貯金を、ボーナスで年間250,000円の積立貯金をしているものとします。
月の収入と支出を知る
年間の収入と支出を知る!
ここで考えるべきところは、家を購入すると必要なくなるお金と、必要になってくるお金です。
家を購入すると、家賃や駐車場代は必要なくなりますが、固定資産税や修繕費等がかかってきます。
※赤でマーキングされている支出は、家を購入した後、必要なくなるお金

必要なくなるお金は?
必要になるお金は?
使えるお金は?
この計算で住宅に使えるお金が出てきます。
※毎月の返済額
毎月の返済額などで、借入金額の上限が変わってきますので、専門家に相談してみましょう。

注意!
予算ギリギリまで住宅購入に充て、いざリノベーションをしようとした時には予算オーバー・・・という話をよく聞きます。
物件を決める前に、必ずリノベーションを依頼する会社に相談し、資金計画を立てましょう。
注意!
いい物件と巡り合ってリノベーションのプランを練ったとしても、マンションの構造上、不可能なこともあります。
例えば壁を抜いてリビングを広くとりたいと考えたとしても、その壁が耐力壁だった場合。他にも共有部分にまで及ぶ工事等。
専門の会社のプランナー立ち会いのもと、しっかりと現地を視察しましょう。

 


よく失敗してしまうケースは、いずれも家を決めてからです。

家を決まる前に、専門の会社と相談しながら決めていきましょう。


 

中古物件を買ってリノベーションをする流れ